エポスカードのキャッシングがデメリット0の理由

カードを見せるサラリーマン男性

エポスカードでキャッシングをしようと思っても、なにかデメリットがないかと考えると、不安になりますよね。

キャッシング機能がついているクレジットカードは、他にもあります。なので、エポスカードに特別デメリットがあれば、他社のクレジットカードでキャッシングをしたほうがいいと思うのがふつうです。

しかし、エポスカードでキャッシングすることに、1つもデメリットはありません。

キャッシングのデメリットで一番に思い当たるのが、やはり金利手数料です… が、2018年現在、どの「クレジットカード会社」も「消費者金融」も、キャッシング返済時の金利手数料(利息)は、実質年率18%と、ほぼ横並びとなっています。

「銀行カードローン」は、実質年率14%ほどとなっているので、何百万円と、あまりに高額なお金を長期的に借入れる場合は、そちらをおすすめします。が、そうでない場合、支払う利息に大きな差はないので、無理して銀行カードローンを申し込む必要はありません。特に最近は審査が厳しいし、クレジットカードや消費者金融に比べ、審査に時間もかかります。

数十万円のキャッシングくらいなら、エポスカードなどのクレジットカードや、消費者金融での借入で十分です。

また、エポスカードでキャッシングしたから信用情報に傷がつくとか、エポスカードは延滞したときのリスクが大きいとか、「エポスカードだから」という特別なデメリットはありません。

極論をいってしまえば、どのカード会社でキャッシングしても、デメリットはありません。自分の好きなカード会社を選びましょう。

1.金利手数料「年率18%」は特別高いわけではない

「エポスカードのキャッシングは金利手数料が高い」 という声をたびたび耳にしますが、これは大きな誤解です。

というのも、エポスカードのキャッシングの金利手数料は、「年率18%」なのですが、ほとんど、どこのクレジットカード会社・消費者金融での借入も、同じ「年率18%」の金利手数料だからです。

「金利年率◯%」←◯に入る数字が大きいほど、返済時に支払う「利息」が高くなる

・年率15%で1万円を30日間借入れした場合の利息=123円
・年率18%で1万円を30日間借入れした場合の利息=147円

たしかに、カード会社によっては、条件を満たせば、この金利(%)が、エポスカードより下回る場合があります。

たとえば、100万円以上を長期に渡って借入した場合、上客と見なされ、金利が18%から15%に下がるクレジットカード会社もあります。しかし、金利が下がる借入額や年月などの細かい条件は不明でなので、当てにできません。(結局、常に18%の金利で考えるのが妥当という意見多数)

それに、そんなに高額のキャッシング自体おすすめできないので、こういったサービスに期待するのは望ましくありません。

また、消費者金融によくあるサービスに、「初回キャッシング◯◯日間金利手数料無料」というものがあります。

これは大変お得なサービスです。しかし、このサービスが終了したら、やはり18%の金利手数料がかかるようになります。

それに、エポスカードにも、「初回キャッシングサービス」があります。

エポスカードの初回キャッシングは30日間金利無料でOK!

2018.10.07

エポスカードを持っている方で、すぐに1万~10万程度のお金が必要な場合は、そのままエポスカードのキャッシングを利用しても、なにもデメリットはありません。収入によっては、20、30万、あるいはそれ以上借りても、問題ないでしょう。

まだエポスカードにキャッシング機能がついていない場合は、エポスネットでキャッシング申請をすることが可能です。

ちなみに、金利手数料「年率18%」は法律で定まっている「最高金利(%)」です。

「最高」と言われると、「高い」という印象がありますが、どこのカード会社も、ほとんど、金利18%です。つまり「ふつう」ということです。

ネットを見ていると、「金利18%は高い」という意見が多いですが、これは「銀行系カードローンと比べると高い」という意味ですので、はき違えないようにしましょう。

1-1.延滞損害金(延滞利息)の利率20%も平均的

エポスカードのキャッシングの延滞損害金(延滞利息)は、「年率20%」です。返済日を過ぎて、実際に返済するまでの期間は、金利が18%から20%に上がってしまいます。

延滞利息は20%

こちらも、「金利手数料20%は高すぎ!」 という意見が多いですが、この延滞損害金(延滞利息)の利率20%というパーセンテージも、平均的です。どこのカード会社も同じく、だいたい、20%です。エポスカードだけ、特別高いということはありません。

2.エポスカードキャッシング利用開始時の限度額は最大50万円

エポスカード発行時や、キャッシング申請直後のキャッシング限度額は最大で50万円です。

勤務先や勤続年数や収入、また、現在の他社カードの借入状況や、過去に金融トラブル(過度な延滞など)があるか、これらを審査基準に、キャッシングの初期限度枠が、1万円~50万円のあいだで決まります。

たとえば、学生アルバイトの方や、主婦でパート勤務をなさっている方は、よくて、初期限度額5万円~10万円ほどで設定される場合がほとんどです。

また、会社勤めをなさっている方は、10万円~30万円ほどで設定される場合が多く、はじめから上限の50万円で設定されるケースは、あまりないです。

こればかりは、カード会社の判断ですので、明確な基準は誰にもわかりません。おおよその設定金額が、これくらいということです。

2-1.キャッシング初期設定額1万円~50万円もクレジットカード会社では平均的

この、エポスカードの初期設定額(1万円~50万円)が「低い」という意見も多いです。ですが、こちらも、クレジットカード会社のキャッシング初期設定額としては、平均的です。

この金額を「低い」と思ったり、「もっとお金が必要」と思ったりする場合は、クレジットカード会社ではなく、消費者金融、あるいは、銀行カードローンを検討しましょう。そちらの方が、クレジットカード会社よりは、高い初期設定額が見込めます。

クレジットカードは、もともとキャッシングを主とするものではなく、ショッピング機能が主体です。対して、消費者金融や銀行カードローンは、お金を借りるためだけのカードですので、クレジットカード会社より、高めの利用枠が期待できます。

キャッシング初期設定額が1万円~50万円では「低い」あるいは「足りない」と思う方には、クレジットカード会社でのキャッシングは、ある意味デメリットと言えるのかもしれませんね。

2-2.利用実績を重ねれば限度額は最大99万円まで上がる

エポスカードのキャッシング初期限度額は最大で50万円ですが、利用実績を重ねれば、限度額は最大99万円まであがります。

支払いを延滞することなく、正しいカード利用を心がけていれば、カード会社から信用が得られます。その場合、キャッシング増枠の案内が手元に届くので、その都度、限度額をあげることができます。増枠は、10万円単位が基本です。

キャッシング初期限度額が10万円→正しい利用実績を重ねれば20万円にアップ!

しかも、エポスカードは、他社クレジットカードに比べ、このキャッシング増枠案内が届くのが早いです。

僕は、エポスカードの初期キャッシング限度額は、10万円でした。これが、半年足らずで20万円になり、2年後には50万円になっていました。

このように、正しいカード利用を続けると、限度額があがっていき、エポスカードのキャッシング枠は、最大で99万円にまであがります。

「貸金業法」という、年収の3分の1までしかキャッシング枠が設けられないという法律があります。

99万円のキャッシング枠を設けるためには、年収300万円ほど必要という点に注意。

3.過度の借入れには気をつけよう

キャッシングに関するデメリットをあげるとすれば、過度の借入れによって、返済不可能な状態に陥ってしまうことです。

返済期日を守らず、延滞払いばかりしていると、信用情報に傷がつき、今後のカード発行や住宅ローンなどに響いてしまいます。返す当てがなくなり、長期滞納をすれば、最悪、裁判沙汰になりかねません。

そうならないためにも、今いくら必要なのか。借りた額を、支払い日に返せる当てがあるかを、しっかり考えてからキャッシングしましょう。

3-1.リボ払いは慎重に

キャッシングの返済方法には、「一回払い」の他に「リボ払い」というものがあります。

「一回払い」は、借りた金額を、次の支払い日に、利息を上乗せして全額返すというシンプルな返済方法です。その都度、借入残高がなくなるので、滞納することなく返済すれば、多重債務者(2社以上から多額の借金を抱えている人)になることはありません。

一方、「リボ払い」とは、借入残高によって、返済する額が決まっており、多額の借入れをしても、月々の返済額が少額で済む返済方法です。

一見便利なようですが、月々の返済は、「支払額+利息」です。月々の支払額が少ないので、元金(借入残高)がなかなか減りません。

リボ支払い例
キャッシング残高が5万円ある場合の支払い額は月々5千円

この場合、[5万円+利息]から5千円引いた額が、借入残高として残る

リボ払いでキャッシングを積み重ねると、気づいたら借金が膨らんでいて大変なことになります。これは、エポスカードだけに限った話ではなく、すべてのクレジットカード・消費者金融での借入れに対して言えることです。

支払い方法を、リボ払いにする場合は、気を付けましょう。

まとめ

エポスカードのキャッシング金利手数料「年率18%は高い」という意見をよく耳にしますが、どこのカード会社や消費者金融での借入れも、だいたい「年率18%」で横並びです。決して、エポスカードが特別高いというわけではありません。

たしかに、銀行カードローンと比べれば高いので、多額のお金を長期的に借入れたい方は、そちらをおすすめします。そうでない場合は、銀行カードローンは比較的審査が厳しいので、クレジットカードや消費者金融のキャッシングで対応しましょう。

金利手数料や延滞損害金は、どこも同じようなものなので、ご自身の好みで選んで問題ありません。

「たまたま持っているカードにキャッシング機能がついているので利用した」 で、全然いいです。

支払を滞納した場合の、社会的信用に関するリスクも、どこのカード会社も同じです。

エポスカードのキャッシングだけ、特別デメリットがあるわけではないのです。過度の借入れやリボ払いには注意し、正しく使えば何も問題ありません。安心して利用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

ひぃぜる

エポスカードをメインカードとして使って早10数年。 今まで色んなカードを使ってきたけど、結局自分にはエポスが一番使いやすかったっていう。 ってな訳で!実際に僕が感じた、エポスカードのいいところを徹底的にシェアしていきます! エポスカードって、ぶっちゃけどうなの?という方の参考になるよう全力を尽くします。 そんな30代前半男のブログです。