エポスカードの口コミ!実際に10年以上使ってみた正直な意見!

エポスカードを10年間使った正直な意見

エポスカードを作ろうか迷っていて、口コミを見てから、実際に作るかどうか決めたいと思う方に向けた記事です。

クレジットカード選びに失敗したくないという気持ちは痛いほどわかります。僕はエポスカードを含めて、計5枚(社)のクレジットカードを利用した経験があります。実際その中で、外出先で勧誘され勢いに任せて申込んで、正直作らなければよかったというカードがあります。

自分にとって大したメリットもないのに、「ただいま入会すると商品券◯◯円プレゼント♪」なんて目先の売り文句にひっかかって、年会費のかかるクレジットカードを申し込んでしまったり……まぁ、セールストークの上手な従業員に当たったら、そんなもんです(^^;

なので、クレジットカード選びで損をしないように、エポスカードが自分にとってメリットがあるのか、また、使いやすいカードなのかを、当記事で参考になさってください♪

実際に、エポスカードをメインカードとして10年以上使いづづけている僕が、正直な感想・意見を述べていきます。

エポスカードは年会費永年無料

エポスカードは、発行手数料・入会金・年会費がすべて無料です。これは有名な話ですね。

実際僕がエポスカードを作ったのが2005年です。(まだ「赤いカード」と呼ばれていたころ。なつかしー(*´Д`))

当然、2019年現在に至るまで、1円もこれらの費用がかかったことはありません。これは、本当に本当に大きなメリットだと思います。

年会費がかかるクレジットカードですと、それ以上の価値のポイントを年間で取得、あるいは、それ以上の金額の割引サービスを受けないと、損です。自然に生活している上で、その条件をクリアできるのであれば問題ないです。しかし、そうでない場合、いちいち損得勘定をするのは非常に面倒です。

一番よくない例は、年会費の元を取るために、ポイント獲得目的でお買物をしたり、割引サービスを受けるというマインド。

それが本当に必要なお金の消費であればいいんです。けど、年会費の元を取る目的での消費は、愚かです。

「せっかく入会金や年会費を払ったんだから、使わないと勿体ない…」

完全無料で持てるクレジットカードなら、そのような思考に至ることはありません。

なせなら、所持しているだけで、例え使わず放置しているだけでも、全くお金がかからないからです。

本当に必要な物やサービスがあったとして、それがエポスカードの利用でお得になる場合に限り使う。

冷静な考えで、余計な消費を抑えられるのも、無料で持てるカードならではのメリットだと思います。

インビテーション(招待状)からのゴールドカード切り替えで年会費無料

エポスカードには、ゴールドカードとプラチナカードが存在します。ノーマルカードでもお得ですが、ゴールド・プラチナ会員には専用のポイントアップシステム(後述)があるので、さらにお得にお買物を楽しむことができるようになります。

特にゴールドカードは本当にオススメです。エポスゴールドカードに自分から申し込んで切り替えると、年会費が5000円かかります。そして、一年間で50万円以上のカード利用をすると、翌年からの年会費が無料となります。なので、最低でも初年度は、5000円の年会費が必要となるシステムとなっています。

しかし、エポスカードから、ゴールドカード切り替えのインビテーション(招待状)からの切り替えだと、初年度から年会費無料でゴールドカードを所持することができます。つまり、ノーマルカード同様、一切の費用をかけずに、ランニングコスト0で利用できるということになります。

僕も、インビテーションからゴールドカードに切り替えました。これだけお得なカードで、年会費無料は嬉しい限りです。

定かではありませんが、ノーマルカードで年間50万円以上利用すれば、ゴールドカードのインビテーションが届くという情報が多数あります。

実際僕は、ちょくちょくエポスカードを使っていたら、20代前半で、ゴールドカードのインビテーションが届きました。なので、決してハードルが高い訳ではありません。ですので、エポスカードを新規作成し、メインカードとして使っていれば、自然と自宅にゴールドカードのインビテーションが届くと思います。

ゴールドカードへの切り替えは、インビテーションを待つことをオススメします。そして、届いたら迷うことなく切り替えるべきです。

ちなみに、プラチナカードへ自分で切り替え申込みした場合の年会費は3万円で、インビテーションからの切り替えは2万円となります。

僕は、エポスプラチナカードのインビテーションも受け取ったことがありますが、正直自分にはメリットが薄いと思い、切り替えをしませんでした。

ポイント還元率0.5%(200円(税込)につき1ポイント付与)

「エポスカードはポイント還元率が低い!」という意見をよく耳にします。

近年は、ポイント還元率1%(100円につき1ポイント)のクレジットカードが出回っています。確かに、それらと比べると、エポスカードの0.5%という還元率(200円につき1ポイント)は、低いと言わざるを得ないでしょう。

しかし、実際に僕は、エポスカードのポイント還元率に対して文句は一切ありません。

なぜなら、エポスカードは、ポイント優待店の数が豊富だからです。

例えば、居酒屋モンテローザ系列のお店だったり…

エポスカードはモンテローザのポイント優待が強い!割引も!

2018.10.27

カラオケビッグエコーだったり…

ビッグエコーで歌うならエポスカードで30%OFFと5倍ポイントの優待を!

2018.10.29

また、「たまるマーケット」という、エポスカードが運営しているポイントアップサイトを経由してお買物をしたり…

エポスカードたまるマーケットで最大ポイント30倍獲得する手順!

2018.12.23

さらに、エポスゴールド・プラチナ会員なら、「選べるポイントアップショップ」を活用したり…

【エポスカード】選べるポイントアップで3倍!モバイルスイカが熱い!

2018.12.17

本当に、数えきれないほどの店舗・サービスがエポスカードと提携していて、エポスポイントがお得に貯まるシステムが整っているんです。

ポイント還元率0.5%というのは、あくまで通常の還元率です。

これらのポイント優待サービスを知らないで、「エポスカードのポイント還元率は低い」というのはナンセンスです。

ゴールド・プラチナ会員なら年間ボーナスポイントが付与

さらに、エポスカード【ゴールドorプラチナ】会員の方は、年間のエポスカード決算利用額に応じて、ボーナスポイントが付与されます。

簡単に例を挙げますと、ゴールドカード会員の方は、年間50万円の利用で2500ポイント、100万円の利用で10000ポイント付与。プラチナ会員の方は、100万円の利用で20000ポイント~1500万円の利用で100000ポイントが付与されるというシステムです。

これにより、エポスカードのポイント還元率を実質底上げすることができます。

先ほどご紹介した「選べるポイントアップショップ」を活用し、ポイント還元率を上げながら、公共料金のお支払いや通勤定期を購入します。すると、年間50万円利用のハードルをガクッと下げつつ達成することができ、さらにボーナスポイントを獲得することもできちゃいます。

つまり、普段の生活の必要経費を逆に活かして、お得にポイントをゲットできるということです。

いままで、こういった必要経費を、ただただ現金でお支払いしていた方は、非常に勿体ないです。これを機にクレジットカードの作成をオススメします。

ポイントを長期的に貯められる

2012年4月1日から、エポスゴールド・プラチナ会員のポイント有効期限がなくなりました。これにより、期限を気にせず、長期的にポイントを貯めることが可能になりました。ポイントはたくさん貯めてから一気に使いたい!という方には適した処置です。

ゴールド・プラチナ会員だけずるい!と思うかもしれませんが、実は、ノーマルのエポスカードにも、素晴らしいシステムが用意されています。

ノーマルカードのポイント有効期限は2年間です。しかし、3ヶ月以内に期限切れになるポイントを保有している場合は、申請をすれば、期限がさらに2年間延長されるんです。

エポスカードのポイント有効期限は2年!延長申請でさらに24ヶ月プラス!

2018.12.31

正直、「え?特別な理由がないのに、そんなに簡単に延長してくれていいの?」って感じになります。

このポイント期間延長システムにより、ノーマルカードでも、長期的にポイントを貯めることができます。

(まぁ、そうこうしている内にゴールドカードのインビテーションが届くと思いますが…)

エポスVisaプリペイドカードでさらにポイント還元率アップ!!

「エポスVisaプリペイドカード」とは、エポスカード会員様のみが発行できるプリペイドカードです。

こちらのプリペイドカードに残高をチャージ(入金)するには、紐づけされたエポスカードからのクレジット決済チャージか、エポスポイントをプリペイド残高に移行という2通りの方法があります。

エポスプリペイドカードチャージ方法
  • エポスカードからのクレジットカード決算チャージ
  • エポスポイントを移行

エポスVisaプリペイドカードは、全国のVisa加盟店で利用することができます。海外の利用もOKです。

こちらのプリペイドカードは、利用金額の0.5%(200円につき1ポイント)が、翌月の中旬頃に、そのままプリペイドカード残高にキャッシュバックされます。このポイントシステムを上手く利用すると、かなりお得になります。

エポスカードからエポスVisaプリペイドカードへのクレジット決済チャージは、残念ながらエポスポイントが付きません。なので、ポイントの観点だけで見ると、お得なことはありません。

しかし、エポスポイントをプリペイド残高に移行して、プリペイドカードでお買物をすると、その分もキャッシュバック対象となります。

つまり、実質エポスポイントを使って、さらにポイントを還元されるということになります。

それにより、エポスカードの実質的なポイント還元率を、さらにさらに底上げすることにつながります。

しかも、エポスポイントは、使えるサービスが限定されていますが、エポスVisaプリペイドカードは、全国のVisa加盟店で利用することができます。ですので、プリペイドカードにポイント移行すれば、エポスポイントを使える場所が一気に広がり、無駄なく有効利用できるようになります。

エポスVisaプリペイドカードは、エポスカードユーザーには必携のカードと言っても過言ではありません。

エポスVisaプリペイドカードは年会費無料!ポイント還元率は?使えるお店は?海外もOK?

2018.12.25

デザイン豊富

エポスカードには、デザインカードというものがあります。一部発行手数料がかかるものがありますが、数種類のデザインの中から、自分の好きなカードを発行することができます。僕のように、人と違うものを好む人には嬉しいサービスだと思います。

しかし、エポスゴールド・プラチナカードには、デザインカードがないという点に注意。つまり、ゴールドカードに切り替えたら、独自のデザインというものはなくなります。エポスカードユーザーは、行く行くは、先ほど説明したインビテーション(招待状)から、ゴールドカードに切り替える流れが、もはや鉄則です。

それを考えると、デザインカードを作るメリットって、そんなにないと思います。ましてや、有料のデザインなら尚更です。

しかし、エポスVisaプリペイドカードは違います。実は、エポスカードのデザインカードとは比べ物にならないほど、エポスVisaプリペイドカードには、豊富なデザインカードが取り揃えられているんです。一部有名なキャラクターものは有料ですが、ほとんどのデザインが無料です。

エポスVisaプリペイドカードは、プラスチック製でしっかりしたもので、見た目はクレジットカードと大差ありません。実際僕も、自分のお気に入りのデザインのプリペイドカードを申込み、利用しています♪

なので、お得に独自性を重視するなら、エポスカードのデザインにはこだわらず(いずれゴールドカードにするため)、プリペイドカードのデザインに目を向けましょう。

マルイでお買物しなくても十分お得

マルイやモディでは、「マルコとマルオの7日間」というセールが年4回開催されます。対象日に、エポスカード決算すれば、マルイやモディでのお買物が10%OFFになります。

頻繁にマルイでお買物をするかたには、とてもお得なセールだと思います。しかし、僕のように、あまりマルイでお買物しない人には、そんなに魅力を感じないと思います。

しかし、エポスカードの本当の魅力は、マルイやモディでの優待より、その他の店舗やレジャー施設での優待にあります。

マルイ以外の優待店多数

エポスカードでは、数多くの店舗やレジャー施設で、割引等の優待を受けることができます。

遊園地、水族館、カラオケ、レストラン、レンタカー、エステ、スパ、ジム……挙げたら切りがないほどです。

たとえば、池袋のサンシャインシティ付近だけでも、数々の優待店舗・施設があります。

【2018・2019最新】池袋サンシャイン付近でエポスカード優待がある店はここだ!

2018.12.12

ほんの一例ですが、エポスカードの優待の素晴らしさが少しでも伝わったら幸いです。

コールセンターの対応がとても良い!

本当に本当にお恥ずかしい話なのですが、僕は若いころに、クレジットカードの返済を何度も滞納したことがあります。

その都度、カード会社に電話していたのですが…(完全にこちらが悪いので平謝り)

他のクレジットカード会社は、割と厳しいお言葉をかけてくれました。また、なぜ期日まで返済できないのか、事細かく聞かれたりしました。

しかし、エポスカードのコールセンターの方は、本当に優しい方ばかりで、何も聞かずに、延滞を聞き入れてくれていました。

今考えると、そこに甘えてしまっていたというところもあると思います。ですが、恐る恐る電話をかけたときに、優しい対応をされると、安心感が得られます。

稀に機械的に話す方もいらっしゃいます。しかし、相手も仕事だし、いろいろと大変な面もあると思います。そして何より、こちらが悪いので、何も文句は言えません…。

本当にエポスカードのコールセンターの方は、話し方も丁寧で、素晴らしいです。

「エポスカードのコールセンターは対応が最悪!」なんて口コミをたまに目にしますが、そう仰る方は、よっぽど運が悪かったか、こちらが横柄なものの言い方をしたんじゃないの?と、本気で思います。

最近も、住所変更手続きに関してエポスカードに問い合わせをしたのですが、やはり変わらず丁寧で優しい対応でした。

ステータスを気にする人にはオススメできないかも

正直なところ、エポスカードはステータス性が低いです。エポスゴールドカード…いや、例えプラチナカードを所持していたとしても、大したステータスにはなりません。なので、クレジットカードにステータスを求める方には、エポスカードはオススメ致しません。

しかし、今の時代、”目に見えるステータス”の価値はなくなりつつあります。

世代が若くなればなるほど、その傾向にあります。なので、悪い意味ではなく、クレジットカードに対する知識が乏しい方が多くなってきています。アメックスがどうのとか話でも「?」という人が多いです。

また、車やファッションブランドにも疎い人が本当に多いです。要は、若い世代は、そういった”目に見えるステータス”には興味がないのです。

つまり、クレジットカードにステータスを求めるのは、時代錯誤だと捉えることができます。

なので、クレジットカードを選ぶときは、自分がお得で使いやすいカードを選べばいいのです。

クレジットカードにステータスを求めるのは悪いことだとは思いません。しかし、その価値観を相手に押し付けるのは時代錯誤なのでやめましょう。

すべての人にオススメのクレジットカードは存在しない

クレジットカード選びに悩んでいる方は、この言葉を絶対に忘れないでください。

クレジットカードは、それぞれに違った利便性があります。なので、人それぞれのライフスタイルに適したカードは異なります。

そうでなければ、世の中に、こんなにたくさんのクレジットカードは存在しないです。「楽◯カードはポイント高還元率!最強に便利でお得!」みたいな広告があったとしたら、違和感しかないです。「じゃあこの世には楽◯カード以外必要ないじゃん」ってなるからです。でも、実際はそんなことないですよね?

なので、クレジットカード選びのポイントは、「◯◯カードは◯◯だからお得!」みたいなものではなく「◯◯な方には◯◯カードがお得!」という情報や意見を参考にしましょう。間違っても、「みんな(多数の人が)持っているから」なんて理由では選ばないでください。

ですので、僕もエポスカードをすべての人にオススメする訳ではありません。当然、この記事をご覧のあなたも、他のクレジットカードの方が、ご自身のライフスタイルに適している可能性は十分にあります。

それを踏まえた上で、僕が思うエポスカードを所持するのに適している方は…

  • カード作成・所持にお金をかけたくない
  • 独自のスタイルでがっつりポイントを貯めたい
  • 貯めたポイントを自由に使いたい(エポスプリペイドカード活用)
  • とにかくアクティブ(レジャー施設など優待店が多い)
  • 人と違ったデザインを好む
  • クレジットカードにステータスは求めていない

てな感じです。上記すべてに当てはまる方は、すぐにでもエポスカードを申し込むことをオススメします。すでに他のクレジットカードをお持ちの場合でも、エポスカードは費用が一切かからないので、2枚目以降のサブカードとして所持するのも賢いです。

もし、エポスカードをお申込みする場合は、できるだけネットからするようにしましょう。その方が、ボーナスポイントがプレゼントされるので、かなりお得だからです。

ひぃぜる
正直に言おう。僕はエポスカードが大好きです(*’ω’*)

ご自身に合った素敵なカード選びを心がけてください♪

ABOUTこの記事をかいた人

ひぃぜる

エポスカードをメインカードとして使って早10数年。 今まで色んなカードを使ってきたけど、結局自分にはエポスが一番使いやすかったっていう。 ってな訳で!実際に僕が感じた、エポスカードのいいところを徹底的にシェアしていきます! エポスカードって、ぶっちゃけどうなの?という方の参考になるよう全力を尽くします。 そんな30代前半男のブログです。